スローガン


百錬成鋼

 

精神と身体を何度も鍛錬することで、立派に成長することができる

理念


大学サッカーを通してソウゾウし

成長する

目標


・全国3大会出場(総理大臣杯、インカレ:ベスト8)

       (天皇杯:ジャイアントキリング)

・九州リーグ優勝

・Iリーグ九州チャンピオン

部署


九州産業大学サッカー部は更なるチームの成長、人としての成長を目指し、

2018年から部署制度を実施しています。

 

<運営部>

 

九州リーグ、Iリーグの運営・ミーティングを行い、リーグ戦を円滑に行うことが

できるようにする。

また、九産大主催のスポーツフェスタの運営を行う。 

 

<企画部>

チームでのイベントを企画・運営・営業を行う。

公式戦のイベント化を中心に企業と協賛したり、チームだけではなく

九州リーグにも目を向け

九州リーグの活性化を目指した活動を積極的に行っている。

また、学校のボランティア活動・清掃活動を行う。

 

 

<広報部>

SNSでの試合告知・速報・結果報告、ホームページの管理などを行う。

また、学内に搭載するポスターを作成する。

サッカー部の情報を外部に発信し、応援されるチームを目指す。

 

 

<施設管理部>

チームの部室・サッカー倉庫・道具・ユニフォーム等の管理を行なう。

選手・スタッフが不自由なくトレーニングに集中できる環境を整えることを目指す。

 

 

<テクニカル部>

 試合分析やデータの管理を行う

相手チームをスカウティング、分析し、試合に向けての対策を立てる。

 

<審判部>

3級審判ライセンスを目指すとともに、九州リーグ2部・ソサイチへの派遣や

Iリーグでの審判を行う。

 

組織図


 

過去の戦績


九州大学サッカーリーグ1部

2007年 2位

2008年 1位

2009年 5位

2010年 6位

2011年 7位

2012年 6位

2013年 5位

2014年 3位

2015年 3位

2016年 4位

2017年 3位

2018年 6位

2019年 5位

2020年 4位

 

練習環境


<九州産業大学サッカーグラウンド>

 

サッカーコート一面分の人工芝グラウンド、屋根付きのスタンドを完備

<トレーニングルーム>

 

2020年度に完成した「大楠アリーナ2020」

3階のトレーニングルームを使用。

 <スポーツ健康科学科との連携>

 

 

 人間科学部 スポーツ健康科学科の協力のもと、最新機器を用いて選手の身体・能力を細かくデータ化します